顧問弁護士の探し方

弁護士、というのは個人にとってはあまり関係を持つ事が多い職種の人ではありません。
しかし、企業ということになるとその限りではないでしょう。
企業が運営をしていくためには、様々な法律と照らしあわせて合法的であるかどうか、ということを検討する必要があります。
後になって違法であることが分かった、という場合、直ちに企業としてのイメージが低下し、致命的な傷を負う事になってしまう可能性も十分考えられるためです。
こういった自己防衛という意味合いでも、注目をされているのが企業法務であり、「コンプライアンス」とよばれるものでしょう。

一般にはこれは社内でもって行うことになるわけですが、社内に専門家がいない、というケースも少なくありません。
こういった場合に利用することが出来るのが、顧問弁護士というものです。
顧問弁護士というのは弁護士と直接顧問契約を行い、様々な法律的なことについて相談をすることが出来る、という仕組みを作る事を言います。
では、実際にこの顧問弁護士を利用するという場合、どのように探せば良いのでしょうか?

弁護士資格を持っている人、というだけで探すのであれば、弁護士会のホームページを見れば一発で見つけることができますが、それでは不十分です。
実際に企業法務に関して詳しく、得意としている人を顧問に迎えなければ効果が薄くなってしまうでしょう。
同時に、人間的にマッチしている人を探すことも重要です。
その上で、顧問弁護士のメリットを考えましょう。